10年目の空調屋の腰道具〜ベルト、腰袋編

配管工をはじめ、建築業界の職人は腰道具というものを付けて作業します。

腰袋

上のようなやつですね。

私はこの業界に入った当初から現在に至るまで、28インチのジーンズですらウエストが余ってしまうほど痩せていて、作業着のズボンはベルト締め上げないとブカブカなのですが、

何が困るかっていうと、腰ベルトの長さが一般的な職人より短いので、腰道具を付けられるスペースが限られる、ということです。

最初の1、2年はずっと試行錯誤してたような気がします。

 

業種にもよりますし、人それぞれなのですが、今回は、私が辿り着いた現在のセレクトを紹介させて頂こうと思います。

 

 

 

目次

腰ベルト+安全帯

腰ベルト+安全帯

まず1つ目は藤井電工(TSUYORON)の胴ベルトと安全帯です。

最初に道具を一式会社から支給してもらって、特に問題ないので使い続けています。

が、ベルトが長すぎるので先端の方切り落としてライターで炙って固めたりしてますね。

安全帯には使用期限が定められているので皆さん遵守しましょう、、、

 

※規格が改正された事もあり、今はこのモデルは生産されてないようです^^;

サポートベルト

サポートベルト

1の胴ベルトだけでは腰が痛くなるので、負担を軽減し、着用感を高めるサポートベルトです。

前述の通り私は胴回りが細いのでタジマの剛圧シリーズ、長さ600mmのSサイズの胴ベルトを着用しています。

腰袋

腰袋

メインの腰袋です。デンサン(JEFCOM)のND-861を使用しています。

これは最初に支給されたモデルですが、他のも色々試した結果これに戻ってます。

 

腰袋 中身

なんといっても上記の写真のように内側の3箇所の仕切りと、外側の二段になったポケットのおかげで使いやすさ抜群なのです。

 

ペンチ&ドライバーホルダー

ペンチ&ドライバーホルダー

KICKSのKN-302Pという、ペンチ、ドライバーホルダーです。

3、4年使ってまして、二段になってるペンチ差し部分が一段破けて取れてしまってますが、それ以外の部分はがっちりしたままです。

同じドライバー2本、ペンチ差し2段という組み合わせのホルダーで、KN -401PLLとかドライバー差しが横になってるモデルもあるのですが、スペースの問題からこれをセレクトしてます。

 

充電ドライバーホルダー

充電ドライバーホルダー

同じくKNICSのKN -103JOCという、いわゆるペンインパクトとかペンドラと呼ばれる充電ドライバー用のホルダーです。これも3年くらい使ってます。結構使い込んだルックスになりますね。

値段も高いですが作りはしっかりしているのでまだまだ使うつもりです。

まとめ

今回はハンドツールを収納する腰袋について、私の使用しているものを紹介してきました。

中でもKNICSの革のツールサックは奮発して買ったこだわりの一品です。

最初は綺麗な肌色だったのに今や汚らしい焦げ茶色になっています・・・

でも普通のポリエステル製のサックに比べて耐久性が高いので結局コストはあまり変わらない気がしますし、まだまだ使うつもりです!

 

次回はこれに格納しているツール編です。

 

KSK
しがない空調配管工
地方在住の会社員空調配管工です。
まだまだ未熟者ですが、皆さんのお役に立つ情報をお届けできれば嬉しいです。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次